愛犬とのスキンシップを楽しむための口臭予防法

愛犬の口臭気になったことないですか?

小型犬や高齢犬は歯垢がつきやすいので、歯のお手入れがとても大切です。
もしかしたら、体調の異変を知らせるサインかもしれません。

考えられる口臭の原因と、飼い主さんができるケアを紹介します。

ワンちゃんの口臭の原因は?

口臭の原因となるものを4つあげてみました。

口腔内疾患

歯垢が歯石に変わるスピードは人間の5倍といわれています。
歯垢を3~5日放置すると歯石に変わってしまうそうです。
更には、歯石には歯垢が付きやすくどんどん口内環境を悪くしてしまう悪循環になってしまうのです。

そこから歯茎にも炎症が移り歯肉炎に進んでしまいます。3歳以上の犬の約8割が起こしていると言われています。

なぜ、口臭がくさい犬は、寿命が短いのか?


口内で炎症が起きると、内臓に菌が飛び火してしまいます。
お口の中の健康維持は長生きすることへも繋がるのです。

口内の乾燥

人間と同じで、年をとると唾液の分泌が減るため、口が乾燥してネバつきやすくなります。
ワンちゃんは、夏場は体の熱を下げるために、口を開けてハァハァ呼吸をするので、口の中が乾きやすくなってしまいます。
水をちゃんと飲んでいるか?部屋の温度が暑すぎないか?
など、確認してください。

内臓疾患

タオルで口を拭いてあげて臭わなかったら内臓の病気を疑いましょう

酸っぱいにおい

胃酸の分泌が多くなると酸っぱいにおいがします。
胃腸炎などを疑いましょう。

アンモニア臭

腎臓・肝臓の病気の場合、老廃物が体内から出せなくなるので、アンモニア臭がすることがあります。

ウンチのにおい

便秘または、腸閉塞や腸のねじれなどの症状が起きている恐れがあります。
犬の本能的な行為で食糞をしていることも考えられます。

粗悪なペットフード

安いドッグフードでは動物性油脂を多く添加されています。
また、ドライフードは開封後は小分けにするなど空気に触れないよういしない酸化が進みます。
酸化したドッグフードは、腸にもよくないので食べきれるだけの量を買うようにしましょう。

予防対策

そもそも犬は、口元を触られることを嫌います。
口の周りを触られることから始めてみましょう。いきなり歯ブラシから始めると驚いてしまったり、怖いものと覚えてしまうと、歯ブラシを見ただけで逃げるようになり拒絶されてしまいます。

ガムや歯ぶらしシート

歯磨き効果の得られるデンタルガムやオモチャの活用もいいでしょう。
好みのにおいや味があれば、ワンちゃんも喜んでさせてくれるかもしれません。
歯ぶらしシートは、指に巻き付けて歯を磨いてあげると汚れを落としやすい加工になっています。

サプリメントやドッグフード

  • 「キュアペット」

キュアペットは、専門家が監修するサプリメントで、プロバイオティクスと酵素の力で腸内環境を整えられます

プロバイオティクスには、病気を予防し免疫力を高めるため、獣医師の研究でも効果が見られていますよ。酵素は胃腸の消化吸収を高めて代謝を正常にするので摂取が推奨されています。
1ヶ月分お試しで定価の71%OFFである1,970円で購入できます。満足いただけない場合は20日以内であれば全額返金。

 

  • みらいのドッグフード

犬用薬膳レシピのドッグフードで健康長寿の為の環境を作ります。

 

ドッグフードにふりかけるだけのマウスクリーンパウダーもセットで、本当に歯がきれいになるとレビューもあります。
腸内環境の改善とデンタルケアができるおすすめドッグフードです。

歯石除去

動物病院で全身麻酔をしてもらい、歯石を除去する方法です。
歯石除去は保険対象外ですが、8,000~15,000円程度
キレイにしてもらえますが、全身麻酔は体に大きな負担がかかります。

まとめ

最も多い、ワンちゃんの口臭の原因は、歯石によるものです。
可愛い愛犬と長く暮らしたいと飼い主さんなら思っているはず。

歯の健康は、内臓にも関係してくるので、健康で長生きする為にはとても重要だという事がわかって貰えたのではないでしょうか?
愛犬の為でもありますし、飼い主さんとってもストレスにならない程度に、スキンシップを兼ねて歯磨き練習してみましょう。
また、病気が原因で口臭が強くなっていると思われる場合は、早く動物病院へ連れて行ってあげましょう。