犬とのボール遊びは奥が深い 身体能力も集中力もUPする遊び!

ワンちゃんと遊ぶと言ったら、ボールを投げて持ってこーい♪
と、走り回らせる遊びが思いつきます。

ただの遊びではなく、実は奥が深いのです。

犬がボール遊びが好きなわけ

犬には狩猟本能が備わっています。
獲物を追いかけている感覚があって、走り回ることで楽しく満足感を感じることができるからです。

運動不足の解消にもなりますし、室内でも遊べるのでボール遊びはいいことです♪

ボール遊びが嫌いな犬もいる

すべてのワンちゃんがボール遊びが好きなわけではありません。

  • そもそもボールに興味がない
  • ボールは追いかけるけど持ってきてくれない
  • くわえて持ってきてくれるけど離さない

無理にやらせる必要はありませんが、そんな子にはまずボールに興味を持たせましょう。

ボール持ってこい!の教え方

ボールに興味を持たせることから始めて、遊び方を教えてあげましょう。

紐付きのボールで引っ張り合いをするなどで、ボールに興味を持ち始めるかもしれません。

ボールを追いかけてくれたら褒める

くわえてくれたら褒める

持ってきてくれたら褒める

「ちょうだい」といってボールを離してくれたら褒める

最初は、ご褒美のおやつをあげてとにかくできた事に対して褒めてあげましょう

ボール遊びの注意事項

飼い主もワンちゃんも楽しめるボール遊びですが、トラブルにならない為にも注意しておかないといけないことがあります。

遊び場所

公園でノーリードは、マナー違反です。
周りに小さい子がいないか?安全か?などを周りを確認してからロングリードを付けて遊ばせましょう。

ドッグランなら走り回れる!
と思いがちですが、おもちゃの持ち込み禁止しているランがほとんどです。
施設の利用条件をよく確認してトラブルにならないようにしましょう。

ボール選び

ワンちゃんの口に対して小さすぎたり、引きちぎれちゃう素材だと誤飲の原因になります。

大きすぎても、くわえて持ってくるのが大変ですので、
色々なサイズの中から愛犬の口の大きさにあったボールを用意してあげましょう。

素材は布製の物より、簡単に洗って清潔にしておけるビニール製の方がいいのではないでしょうか。

遊び始めと終わりは飼い主主導

主導権は飼い主あるんだという事をわからせる為に、「遊ぼうか~」と声を掛けてから遊び始める。
早く投げてと、催促するような声を出したら、一旦中止して、興奮を抑えましょう。
疲れてしまう前に終わりにしてあげることも、終わったらボールを取り上げることも忘れずに!!

ボール遊びはいい特訓メニュー!?

最初から持ってこいの指示がわかってくわえてくるワンちゃんもいれば、時間をかけて教えないとできないワンちゃんもいます。
ですが、練習していけば、どんなワンちゃんでもできるようになります。

愛犬の身体能力・集中力も高める事ができ、競技会や訓練試験でボール遊びの好きなワンちゃんほど、集中を切らさず飼い主の指示に従い優秀な成績を出せるようになるのです。

ワンちゃんだけでなく飼い主さんの運動不足の解消にもなるボール遊びを一緒に楽しみましょう!