愛犬をお留守番させる環境作り 心配だからスマホで様子を見られるグッズ

飼い始めたばかりで、可愛い愛犬から離れたくないものです。
しかし、仕事を長期休んでいるわけにもいかず、心配なのは飼い主だけでなく、愛犬も同じ思いをしているのです。

犬の留守番のしつけ方

数分のお庭の掃除くらいから始めて、徐々に30分…1時間…と時間を長くしていき少しづつ慣れさせてからお留守番をさせてあげましょう。
お留守番前に、散歩に行っていっぱい遊んであげ、疲れさせる。
愛犬の排泄を済ませ、トイレシートをキレイにしてから出掛ける。
などもいい子に愛犬がお留守番していられるポイントです。

お留守番の環境作り

では、愛犬のお留守番に適した環境は、どんなものなのでしょうか。

大きなサークル内で自由に

広さが確保でき可能であれば、広いサークル内に次の物を用意してあげましょう。

  • 落ち着けるクレート
  • トイレ
  • 動き回れるスペース

を用意してあげましょう。

四方を囲まれたクレートは薄暗く犬にとって、落ち着けるスペースです。
飲み水は、ボウルに入れた物の他に万が一こぼしてしまった時の為に、ボトルタイプの水も用意してあげるといいでしょう。
サークルを飛び越えれしまう犬の場合は、屋根を付けましょう。
ジャンプしても出られないと愛犬が思ってくれれば、諦めて落ち着いてお留守番してくれるようになります。

短時間ならクレートの中で

狭いですが、薄暗く巣穴っぽい環境は、ワンちゃんは落ち着ける場所。
長時間ではなく、トイレトレーニングもバッチリならクレートでのお留守番でもOK!!
注意したいのは、直射日光が当たるような場所におくと熱がこもってしまい温度管理が難しいことです。

フリー

サークルやクレートでお留守番は、大型犬には難しいでしょう。
自分で温かい場所、涼しい場所を探して過ごせるメリットがあります。
ですが、トイレの場所を覚えていることや、ソファーやテーブルをかじらないなど、しつけができていないと難しいでしょう。
しつけができていたとしても、届くところに食べ物があると誤飲の原因となるので注意が必要です。

良くないお留守番環境

ペットを不安にさせてしまう良くない環境ではかわいそうです。
気遣ってあげたい事をあげてみます。

狭すぎる

長時間だとストレスを感じ体に悪影響になるので、愛犬が一歩も動けないなんて事の無いように体の大きさに合ったスペースを確保してあげましょう。

外が見える場所はNG

寂しくないようにと窓際にしてあげると逆効果。
見張る範囲が広くなってしまうことから、人影や車などに吠えてしまうことも。
夏や冬は時間によって寒暖差が激しくなり体調面も心配なので、窓際は避けた方がいいでしょう。

トイレが寝床の横にある

犬の嗅覚は人間の1億倍といわれています。
リラックスできる寝床のなのに、排出物の匂いがしたら不快です。
ウンチが目の前にあると本能的に、食ふんしてしまうこともあります。

お留守番グッズ

飼い主さんは、きっと「今何してるだろう?」「寂しがってないかな?」って気になって気になってしょうがない親心があるはずです。
便利なグッズがたくさんあるので、愛犬がいい子にお留守番してくれるように試してみてもいいかもしれませんね。

わんちゃんに、みまもりカメラ付きスマホ遠隔給餌器「カリカリマシーンSP」

  • 1日4回まで、24時間のうち1分単位で設定可能
  • 量も10~100gまで10g単位で設定、毎回違う量に設定可
  • 外からの給餌タイマー設定可能可
  • リアルタイムビュー動画でいつでも確認(録画・写真撮影可能)

急な残業でご飯があげられない。
愛犬の健康管理のために決められた時間にエサをあげたい。
といった飼い主さんの悩みを解消できるアイテムです。
カメラ機能付きでスマホから愛犬の様子が見られるのも嬉しい♪

知育トイ

おやつを詰めて一気に食べられないような知育トイも流行っています。
ワンちゃんも暇つぶしできるものがあればいい子にお留守番できるかもしれません。
おもしろグッズ探してみてはいかがですか?

ワンちゃんお預かりサービスの利用

トリミングサロンにお願いするのも手。
その他に、ペットシッターや犬の保育園、ペットホテルなど他のワンちゃんとも触れ合えて、相手してくれる人がいれば不安になる事はなくなります。

まとめ

人間のように、話すこともできない、好きなようにテレビを付けたり、おやつを食べたりすることができないペット達にとってお留守番している時間はすごく長~く感じるものです。
愛犬のストレスを少しでも減らしてあげられる、お留守番環境を作ってあげましょう。