寒いのが苦手な小型犬のための冬に気を付けたいこと

12月に入っても20℃を超える夏日がありましたが、冬らしい寒い日が続くようになってきましたね。

北国が原産で、毛がフワフワな大型犬(シベリアンハスキーやサモエド)などには大好きな季節の到来ですが、逆に暖かい地方が原産地の小型犬(チワワやヨークシャーテリア)などには厳しい季節です。

寒さに弱い犬のタイプ

  • 子犬やシニア犬
  • 暖かい地方原産の犬
  • 毛の短い犬
  • 下毛がない(シングルコート)
  • 超小型犬
  • 持病がある犬

などがあげられます。
中型犬や大型犬も室内で過ごす時間が長くなっているので、寒さに弱くなりがちです。

犬が寒い時出すサイン

背中を丸めて、鼻を体の下に入れて体温を下げないようにします。
人や暖房器具の近くなど、暖かい場所に寄ってきます。

ガタガタ震えている、散歩に行きたがらない、水を飲んでいないのも寒がっているサインです。

間違った寒さ対策

寒がっているワンちゃんの為にしてあげていることが逆効果いなってしまうことがあります。

日が当たるところへケージを置く

日が当たるからと直射日光の当たるはNGですよ。
私たちでも、いくら暖かいからと日向にずっといられませんよね?
体温調節が上手にできないワンちゃんは、更に厳しい状態になってしまいます。

ケージと壁の間は空気が通りやすく、ここに冷気が流れ込み寒くなります。
ダンボールを挟んだりケージに毛布をかぶせてあげることで、保温性を高めてあげましょう。

室内でも服を着せる

お散歩の時に、防寒対策として着せてあげるのはいい事です。
見た目も可愛いですしね♪
室内で着せてしまうと、体温調節機能が衰えてしまいます。益々寒さに弱くなってしまいます。

ホットカーペットや床暖房の温度を高くする

犬は床に座り込んで1日を過ごすことが多いので、ホットカーペットや床暖房をつけてあげるのはいい事です。
ですが、温度を上げすぎてしまうと低温やけどをしてしまいます。
暑くなったら逃げられる場所の確保を忘れずに。

こたつに入らせる

人間用のこたつに、頭から入ってしまうと低温やけど、脱水症状、乾燥による皮膚疾患が起きる可能性もあります。
また、高温多湿なのでノミダニや雑菌が繁殖するので清潔を保つために、掃除の徹底やこまめに洗濯しましょう。

電気製品のコードには要注意

コードがある電気製品は、犬が噛んでしまうと感電・発火の危険があります。
寒いからと、留守番させている時に火事になってしまわぬように、カバーで覆ったり、噛み癖のひどいワンちゃんに効果のある、ビターアップルのにおいのスプレーなでで対策しましょう。

愛犬を上手に温めてあげるコツ

床を暖めてあげれば大丈夫です。
手軽にできるのが、毛布・段ボールを床に敷いてあげるだけでも違います。

ケージの中全体を温める必要はありません。
暑くなったら移動できる逃げ場を作ってあげて下さい

人間用のホットカーペットやファンヒーターを使っている方もいますが、ワンちゃんが噛んでしまったら、やけどや感電してしまいます。
なので、ペット専用を購入して使うようにしてください。

まとめ

ワンちゃんを飼う時に、自分が住んでいる地域の気候に合っているか?
(1年中温暖な沖縄でサモエドは不向きなど)
を考えてあげることも大事な事です。

犬も風邪を引きます。体調を崩します。
寒くなってきたので、寒さ対策しっかりしてあげましょう。