愛犬の為の電気料を10分の1に抑えられる寒さ対策

朝晩の冷え込みが気になりだしてきました。
人間は毛布を出したり、パーカーを着たりすることができますが、ワンちゃんにも何か対策を考えてあげなければなりません。

寒さに強い犬種

体の大きさ、被毛の構造の違い、原産地域の環境などによって寒さの感じ方が異なります。

寒さに強い代表的な犬種と特徴

  • シベリアンハスキー
  • サモエド
  • ゴールデンレトリーバー
  • ラブラドールレトリーバー
  • コーギー
  • 柴犬
  • 秋田犬

などです。
共通して言えるのが、固くて太いオーバーコート(上毛)があり、その内側に柔らかなアンダーコート(下毛)があるダブルコートになっていて、厳しい寒さにも耐えらる構造になっているのです。

夏に向けて今まで寒さに対策に使っていたアンダーコートがいらなくなるので、抜け落ちます。

寒さに強い犬種でも例外がある

  • 子犬や老犬
  • 病養中
  • 痩せている
  • アンダーコートが伸びない

など、寒さに弱くなってしまっていることもあります。
強いと言われていても安心しきらず、個体差があることを配慮してあげましょう。

寒さに弱い犬種

  • チワワ
  • トイプードル
  • ミニチュアピンシャ―
  • ヨークシャテリア
  • フレンチブルドッグ

など小型犬は、身体が小さいので体温を保ちずらく地面に近いので床からの冷気を感じやすいという理由で寒さには弱いといわれています。
寒さに強い犬種はダブルコートに対して、シングルコートなので、アンダーコートが無い分寒さに弱いのです。
更にプラスして、スムースコートという光沢のある滑らかな毛質の、ドーベルマンやフレンチブルドッグも被毛がつるつる短い為寒さに弱いです。

寒がっているのがわかる仕草

小型犬で38.6~39.2度ほど、大型犬では37.5~38.6度体温があるといわれているので、ワンちゃんは人間より寒さに強いです。
次のような行動をしたら寒がっているサインです。

  • ブルブル震えている
  • 体を丸めて縮こまっている
  • ずっと寝ている
  • 水を飲む量が減っている
  • 散歩に行きたがらない

などの行動をしたら何か寒さ対策をしてあげましょう。


逆に暑がっていませんか?

寒い思いをしたらかわいそう。と暑さ対策は万全にしてあげても、犬は体温も人間より高いので暑くしすぎているかもしれません。
そんな時は、舌を出してハァハァ呼吸をします。
服を脱がせてあげた、ホットカーペットをOFFにするなど暑くない過ぎない寒さ対策をしてあげましょう。

愛犬にとって最適な温度と湿度

エアコンの設定温度は、20℃~25℃がいいでしょう。
ここで、問題なのが乾燥です。理想は40%~60%
加湿器や濡らしたタオルで乾燥を防ぎ、ワンちゃんの飲み水もなくならないように準備してあげましょう。

エアコンを付けていても、ワンちゃんがゴロゴロリラックスしている床は、なかなか温まらないものです。
サーキュレーターを併用したり、ホットカーペットもいいでしょう。

ホットカーペットの活用

狭い面積のホットカーペットは、ワンちゃんの体を温めるのにコストもあまりかからず、効率のいい方法です。
人間用のホットカーペットを犬にそのまま使うと、カーペット自体や電源コードなどを犬が噛んでしまい、感電してしまうということも考えられます。留守中にそこから家事になってしまっても大変なので、犬用のホットカーペットを使ってあげてください。

暑いと感じた時、逃げ場を作ってあげたいので床より小さいサイズにすることをおススメします。

経済的な水循環マット

水循環マットは、これ1枚で夏場はひんやり気持ちよく・冬場は温まれる便利なマットです。

使用方法はとっても簡単

  1. マットを敷く
  2. 操作機とマットをチューブでつなぐ
  3. 操作機に水を入れる
  4. お好みの温度を設定

中の水は月に1回変えればいいので手間もかかりません。
チューブも医療用カテーテルと同じ素材を使っているので強度も安心。

電気代節約 効果大!!

冬場1日8時間使ったとしても1日7円  月にして210円
夏場      〃     1日18円   〃 540円

夏は、ジェルマット、クールマットなどどれも最初はひんやり気持ちよくても、
ぬるくなってしまう。
そんな悩みも水の力で夏はひんやり、冬はポカポカが持続させられます。

 

寒さ対策のまとめ

個体別に対策をしてあげる必要があります。
ワンちゃんも人間と同様、気管支炎・肺炎・心筋梗塞など冬場になりやすいといわれています。
健康管理のためにも寒さ対策をしてあげましょ。