犬の便秘の原因とフードとの関係腸のことを考えた『いぬはぐ』がおすすめ

これは人間の話ですが、10代~50代の女性を対象にロート製薬が実施したアンケートによると、
60.5%の女性が便秘に悩んでいるという結果が出ています。

ストレス➜自律神経が乱れ➜腸内環境が悪化➜便秘
病気は万病の元とも言われています。
肌トラブル・血行が悪くなる・動脈硬化・脳卒中など大きな病気になる危険性が増えてくるのです。

ワンちゃん達にとっても便秘はよいことではありません。
シニア犬の便秘は少し違う気がするので、今回は幼犬・成犬の便秘になる原因と対処法について紹介したいと思います。

犬が便秘になる原因と改善策

成犬でも1日に1~2回うんちをします。
2日以上出ていないと便秘と言っていいでしょう。
コロコロうんちや、何回もうんちの体勢になるけど出ない時は、便秘の前兆です。

フードが合っていない

お手頃価格のフードは、死体の肉など粗悪な原料を使っていることがあるようです。添加物が多く含まれていたり、穀物が含まれていると消化不良を起こすので要注意です。

改善法

食物繊維が多く含まれたフードや、腸内環境を整えてくれるサプリを検討してあげて様子を見ましょう。

水分不足

冬場寒いので水を飲む量も減る。
寒いからじっとしていることが増える(運動不足)➜喉が渇かない。
そんなことも考えられます。

ペットボトルを逆さに付けてあげていつでもキレイな飲み水が飲める環境を作ってあげてください。

運動不足

小型犬~大型犬まで健康体のワンちゃんは、1日2回の散歩が理想とされています。

改善法

ただ歩くだけでなく走る事を混ぜたり、天気が悪くても室内でボール遊びをしてあげた方がいいでしょう。
適度な運動は、ワンちゃんにも飼い主さんにも必要です。肥満予防にもなるので楽しくお散歩してみてください。

ストレスを感じている

引っ越しをした。違うペットを飼い始めた。飼い主さんに赤ちゃんが生まれた。など、犬は環境の変化を敏感に感じ取ります
人間と一緒でストレスが原因で便秘になるようです。

病気

運動・水分不足やストレスが原因でなさそうだと、病気にかかっているのではという心配も出てきます。

  • 前立腺肥大
  • 会陰ヘルニア
  • 誤飲による腸閉塞

などが原因の時もありますから獣医さんに相談を!!

番外編:外でしかトイレを覚えさせていない

散歩中に排泄するように覚えさせてしまうと、
飼い主さん都合で散歩に行けない時、ペットホテルに預けた時などは、我慢し便秘になってしまうことも

改善法

ケガをした時、老犬になった時にも役に立つことなので、お家の中でもトイレレーニングしておくといいですね。

マッサージも効果的

おへそを中心に時計周りでグルグル優しくなでてあげましょう。

  • おへその左右1cm~1.5cmのところにある天枢(てんすう)
  • おへそから1cm~1.5cm下にある関元(かんげん)

など腸の動きなどを整えるツボがあるので、便秘解消されるかもしれません。

まとめ

内臓などの病気はなかなかわからないかもしれませんが、毎日散歩や排泄物の処理をしていれば便秘をしていることに気付いてあげることができます。

コミュニケーションを取ってちょっとした変化に気付いてあげられる飼い主になりたいですね。