犬にも認知症がある長生きできるようになった裏側の介護問題

犬の寿命も年々伸び、人間同様に高齢化が進んでいます。
医療の進歩やドッグフードも栄養バランスが整っていることが背景としてあげれます。
長く生きられるようになった分、高齢化したワンちゃんの問題として認知症があります。

もしかしたら認知症かもしれないと疑う行動

人間と同じで、視力や聴力の低下・今までできていたことができなくなる…
そんな症状がみられたら認知症を疑ったください。

グルグル回り続けている

同じ場所をグルグル円を描くように回り続けるのは、認知症の特徴です。
壁に頭をぶつけたり、狭いところに顔を入れ込んでしまったら、バックして出てこれなくケガをすることもあります。

解消法

気が済むまで歩かせてあげましょう。
円形のサークルを作り中にクッション性のあるマットをつけてケガ防止してあげている飼い主さんもいます。
小型犬なら子供用のビニールプールを使ってもいいでしょう。

夜泣きがスゴイ

老犬になると睡眠時間も長くなり、ほとんど寝ているような生活になります。
昼夜逆転してしまっていることが原因です。
夜中に泣き続けられると、家族が睡眠不足になることもストレスですが、近所迷惑になっているのではないか?と心配が増えて、気が気でないでしょう。

夜泣きの解消法

昼間に声を掛けてあげる、遊んであげることで、起きている時間を作ってあげることで体内時計を戻してあげましょう。

排泄を失敗する

色んなことを忘れてしまい、今までできていたことを忘れてしまいます。トイレもどこでも構わず、粗相をしていまうようになったりします。

対処法

ペット用のおむつや、人間用のおむつをしっぽが出るように切り抜いて代用しましょう。
飼い主さんの負担も減りますし、部屋は清潔にしておきたいので消臭・除菌の手間も省けます。

日本犬は認知症になりやすい?

ゴルーデン・レトリバーやチワワやミニチア・ダックスフンドなどの洋犬は、認知症になる確率が少ないのに対して、柴犬、秋田犬、甲斐犬、紀州犬などの日本犬が、なりやすいといわれています。

日本犬が認知症になりやすいわけは?

はっきりとした理由は解明されていませんが、食文化の変化ではないかという説があります。
昔は人間の残飯をエサとして与えていました。
そこから肉を主にしたドッグフードへ急激に変化し、魚に含まれる不飽和脂肪酸のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)の摂取が不足してきていることが認知症の発症と関係しているのではないかと考えられています。

認知症にならないためには

完治できる治療法は今のところありません。予防や進行を遅らせることはできるのでできることはしてあげたいですね。

散歩に連れて行く

散歩に連れ出すことで、景色を見たり、においを嗅いだり、刺激を受けます。
決まった散歩コースを少し変えてあげることで脳も刺激を受けます。

歩くのが大変そうだからかわいそう。
と散歩を控えている方もいるかと思いますが、体力低下を防ぐためにも適度なお散歩は必要です。

カートに乗せてお散歩でも十分刺激を与えられます。

DHAやEPAを与える

青魚などに多く含まれるDHAやEPAといった不飽和脂肪酸は脳を活性化し、脳の老化が進みにくくなると言われています。
認知症の予防としてDHAやEPAの犬用サプリメントや、DHAやEPAが含まれたドッグフードなどを愛犬に与えるのもいいでしょう。

モグワンには、手作りレシピから生まれたグレインフリーで、良質な生肉とサーモンをたっぷりブレンドしてあり食いつきも◎

まとめ

日本犬だからと必ずなるわけではありません。
様子がおかしいと思ったら、獣医師さんに相談しましょう。
かまわず、放っておくとドンドン進行してしまいます。

  • 遊びの中で脳トレをする
  • 散歩に連れ出し刺激を与える
  • 食事を切り替える

など、お互いのストレスが少しでも少なく生活を送れるために、できることはやってあげましょう。
今までと変わりない愛情を掛けてあげてください。