犬のしつけに悩みを持つ飼い主さんの改善点

愛犬が言う事聞いてくれない。どうすればいいの?
と悩むことは、みんなある事です。
上手にしつけができないと悩んでいる人には共通していることがあります。

しつけがうまく行かない人の共通点

しつけがうまく行かず悩んでいる飼い主さん、自分の行動にあてはまることはありませんか?

完璧主義をやめる

心配なことがあると本やネットで調べることがあると思いますが、
「こんな時は〇〇〇すればいいのです!」って言葉を実行してみてすぐに結果を求めてしまいがちです。

アドバイス通りにしなくてはという強迫観念と、ワンちゃんがそれに応えられなかったらダメな飼い主なんだ。と落ち込んでまうと次の感情的で怒りすぎてしまう、体罰を与えてしまう行動にも繋がってしまいます。

短気で感情的な性格

怒られてばかりでは犬も委縮してしまいます。
叩かれた痛みより、飼い主さんに叩かれたショックから信頼関係が築けなくなってしまう負の連鎖に陥ってしまいます。

トイレを失敗してしまった。留守番中にいたずらがすごかった。
などの行動があったとしても体罰は絶対してはいけません。

褒める時と叱る時の声色や大きさに差がない

「いい子だね~♪」と褒める時は、明るい高い声で撫でたりおやつをあげたりしてオーバーに褒めてあげましょう。
「それはダメ!!」と叱る時は、低い声でと声色を変えると効果的です。

メリハリをつけて、叱る言葉を「ダメ」「No」などで統一するとワンちゃんも混乱せずいいかもしれません。

叱れない=甘やかし過ぎている

可愛がって育てるという事はとてもいい事ですが、可愛がるのと甘やかすのは違います。

なんでも要求が通る。と思われてしまったら要求吠えがすごくなったり問題行動が増えわがままに育ってしまいます。叱る事も大切です。

悩み過ぎて育犬ノイローゼにならないように

何度教えてもいたずらをやめてくれない。
吠え癖・噛み癖が直らない。など悩むこともあります。気分が滅入ってしまったり、落ち込むことを『育犬ノイローゼ』といいます。

  • 初めて犬を飼う人
  • 完璧主義
  • 極度の心配症

などのような人は育犬ノイローゼになりやすいと言われています。
1匹1匹個性があってすべてのワンちゃんが同じようにはいきません。
マニュアル通りにいかないと思いながら、心に余裕を持ってしつけしていく事が大切です。

しつけ教室・教材に頼る

なかなか思うようにしつけができない。と困っている方はプロが教えるテクニックやおすすめのグッズが入っている教材を試してみるのもいいかもしれません。

こいぬすてっぷ

まとめ

教えたらすぐにできるようになる子はいません。
何回も教え続けて覚えてくれるようになるので、根気が必要です。
焦らず、ノイローゼになってしまうまで1人で悩まずに、しつけ教室やブリーダーさん・ペットショップに行って相談してみることも必要です。

心に余裕を持ってワンちゃんとの楽しい生活を送りましょう♬