資格がなくても犬とふれあえる仕事がしたい!!

小さい時から動物が好きで、大きくなったら獣医師になりたい、動物園の飼育員になりたいなど、動物と携わる仕事をしたい。

と思っている人に、どんな仕事があってそのためにはどんな資格が必要なのか?資格がなくてもできる仕事をご紹介。

少しでも参考になればと思います。

動物に関する資格が必要な職種

獣医師

獣医学科のある大学にて6年間勉強することが必要で、卒業後国家試験を受けて合格し「獣医師免許」を取得する必要があります。

動物病院での仕事をしているイメージが強いですが、家畜の飼育管理や、臨床獣医師として動物園や水族館で働くことができます。

動物看護士

獣医師のサポートが主な仕事内容で、検査、入院中の動物の面倒を看る、手術補助、飼い主さんへの応対など知識が必要とされます。

動物看護学を学べる大学・専門学校に進み、民間資格を取得します。

資格があったら優遇される

トリマー

国家資格は必要ありません。

専門学校へ進み、ペットの変化に気付ける知識、シャンプーやカットなどの技術を身に付けてから職に就くのが一般的ですが、通信講座で勉強し、実習できるので検定に合格したらトリマーの資格を取得できます。

ドッグトレーナー

しつけ教室、犬の幼稚園、ペットサロンなどで、トレーニング指導、マッサージなど、トレーナーとしての仕事内容です。資格があれば優遇されますが、未経験者でも雇ってくれ、働きながらスキルを習得していける職場もあります。

資格はいらない職種

学校に通ったり、資格を取るのは色々な面で難しい。
でも、犬とふれあえる仕事がしたい人へおすすめな職業です。

ペットショップ店員

アルバイトから始められるワンちゃんと関わりやすい仕事です。

接客、商品の管理、店内の清掃、犬や猫などの動物のお世話が主な仕事で、
それぞれの犬種の知識や、飼い方、フードなどについて購入されたお客さんに教えてあげられる知識は必要になります。

ドッグカフェ

簡単な調理、接客、ワンちゃん達のお世話などが主な仕事で、特に必要な資格はありません。
開業するとなると、食品衛生責任者・動物取扱責任者などの資格を取る必要があります。

こちらもペットショップ店員と同じく、求人募集があったら始めやすい職種の1つです。

ペットシッター

飼い主さん宅を訪問し、お世話をする仕事です。

首都圏を中心に

  • 散歩代行
  • 老犬介護

などのお世話代行の仕事も増えているようです。

まとめ

以上ペットに関われる仕事を紹介しましたが、一部でたくさんの職業があります。

どの仕事にも共通して言えるのが、ほんとにワンちゃんが大好きで、ワンちゃんや飼い主さんとコミュニケーションが取れることが必要になります。

犬とのふれあえる仕事をしたいとお考えなら、好きだけではなく、命を預かっている意識を持って、資格習得にトライしてみてはいかがでしょうか。