薬を飲んでくれない悩み解消 上手に飲ませるコツ

病院で処方された薬や健康のためにとサプリを買ったのに飲ませることに苦戦した経験を持っている方もいるのではないでしょうか。

今の状況をよくしてあげたいから飲んで欲しい。と考えている飼い主さんにおすすめ商品があります。

薬の飲ませ方

ワンちゃんに処方される薬の多くは錠剤です。
どう飲ませよう。飲んでくれない。と悩みを持つ飼い主さんは多いのではないでしょうか?

ごはんに混ぜる

普段食べている食べ物に混ぜる、錠剤をすり潰して振りかける飲ませ方です。

注意

他の食べ物に混ぜてしまうと成分が変わってしまう事もあるので、混ぜてもいいか?砕いてもいいか?カプセルの中身を出していいか?なども確認しておきましょう。

好きな食べ物に包む

愛犬の好きなさつまいもやヨーグルトに包んであげる方法もあります。

ですが、上記2つは嗅覚が優れているので、「これは食べ物じゃない!」と勘付かれてしまったり、ちゃんと飲ませなくては!と構えてしまうと警戒して口を開けてくれなくなってしまいます。

喉近くに入れる

難しいですが、口の奥に直接入れる方法もあります。

  • 両手で口を開けさせる
  • 喉の近くに置き口を閉じる
  • 口を開かないようにさせる
  • 喉を撫でて飲み込ませる

喉や食道に張り付きやすいので水をスポイトなどで飲ませることも忘れずに!!

投薬の悩みはメディボールで解消

嫌がるからと飲ませないわけにはいきません。

獣医師と共同開発された投薬補助のおやつのメディボールがおすすめです。
大きな錠剤、カプセル、粉薬も包めます。

獣医師と共同開発

「ペット家族動物病院」の獣医師と共同開発で作られました。
ペットも飼い主もストレスになってしまう投薬を簡単にできるようにできないかと開発されたものです。

柔らかくて包みやすい

  1. 指でつぶす
  2. 薬を乗せる
  3. 薬が見えないように包む

柔らかいのでちぎりやすく薬に密着してくれるので薬だけをはじいたり、吐き出したりできないようになっています。

犬猫の好きなささみ味

上質なささみを使用して作られている為、約9割の犬・猫ちゃんが喜んで食べてくれるおいしさ♪

ささみ味の他に、ビーフ味・低アレルゲン(たら味)の3種類があります。

悩んでいたら相談を

おやつ感覚であげることができるので、お試しになってみてはいかがでしょうか。
投薬をノンストレスで楽しいものにしてあげられたらいいですね。

治療に必要な期間と量を飲ませなくてはいけません。
どうしても飲ませることができない場合は、獣医師に相談しましょう。