愛犬の正しい車の乗せ方 違反すると罰金を取られることも

ペットホテルは高いし、預けるのが不安。
大好きな愛犬と離れるのは寂しい。

ペット同伴OKな施設や宿も増え、一緒にお出掛けする飼い主さんが増えてきています。

ただし、正しい乗せ方をしないとワンちゃんを危険な目に遭わせてしまうことになってしまったり、道路交通法違反で罰金を払うことになってしまいます。

正しい車への乗せ方を知りましょう。

よく見かけるけれど交通違反行為

犬を乗せることは交通法違反ではありません。
窓から顔出して気持ちよさそうにしているけど危ないじゃない?
どんなことで違反切符を切られるのかあげてみます。

膝の上に乗せて運転


車両の運転者は、運転者の視野若しくはハンドルその他の装置の操作を妨げ、後写鏡の効用を失わせ、車両の安定を害し、又は外部から当該車両の方向指示器、車両の番号標、制動灯、尾灯若しくは後部反射器を確認することができないこととなるような乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。

引用元:道路交通法第55条

ハンドル操作や安全確認が出来なくなる恐れがあるので、違反として捕まります。
じっとしている子だから大丈夫!
後ろに乗せていたけど膝の上に移動してきてしまった。
などの言い訳はNG!

間違って足元に降りられてしまったらブレーキ踏めないですからね…

  • 違反点数 1点
  • 反則金 6,000円  になります。

窓から顔を出している


車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。

引用元:道路交通法第70条

窓から顔を出して気持ちよさそうにしているワンちゃんをたまに見かけますが、対向車や脇をすり抜けてくるバイクと接触事故を起こす危険があります。

  • 違反点数:2点
  • 反則金:9,000円

が課せられます。

車酔いが心配・・・

そんな理由もあるかもしれませんが、顔が出せない程度開けるなり、こまめな休憩を挟んで、外の空気を吸わせてリフレッシュさせてあげましょう。

間違った乗せ方をして起きた事故例

  • 急ブレーキでフロントガラスに直撃
  • 膝とエアバッグに挟まれ死亡
  • ウインドボタンを押してパニックを起こす
  • 窓から顔が出ていたのに驚きバイクの運転手が転倒

などなど。
ワンちゃんへの危険だけでなく、他人にも危害を与えてしまうのです。

安全な乗せ方

重要なのは、運転の支障にならないようにする・落ち着ける場所の確保です。

1番安心なのはケージ

ケージを座席に固定させることを忘れずに!
興奮せずに落ち着ける空間の確保ができると思います。

犬用シートベルトやセーフティーハーネス

犬用シートベルトやハーネスで自由に動けないように固定してあげる。
頻繁に出掛けなくても、予防接種や動物病院に連れて行く際に使えるので、お手頃価格なこれらを持っていると便利でしょう。

まとめ

赤ちゃんのチャイルドシートの着用が義務付けられているように、ワンちゃんにも同じような安全対策をしてあげることが必要です。

つい後部座席で寂しそうにしているのを見ると「おいで~」と抱っこしてしまう気持ちもわからなくもないのですが、取り締まり対象ってことは危険なわけなので、安全面を考慮して移動しましょう。