犬の肌トラブル 保湿クリームや人間同様のお手入れが必要

寒い日が続き、雨も降らないので乾燥がひどい状態ですね。
室内も寒くて暖房器具は欠かせません。
加湿することを怠ると、乾燥肌トラブルが起きたり、肉球がヒビ割れたりします。ワンちゃんの乾燥肌について知っておきましょう。

犬は敏感肌

人間の皮膚と比べると1/3~1/5の厚さしかないそうです。
なので乾燥や炎症を起こしやすく、傷もつきやすく敏感で弱い肌なのです。

室内飼いが主流となっているので、床暖房やこたつ、エアコン、ファンヒーターとたくさん暖房器具があって暖かい環境で暮らせるのはいい事ですが、乾燥しすぎいは注意しましょう。

乾燥肌になると

乾燥すると痒がる他に、毛が抜けてしまい地肌が見え赤くなってしまったり、フケが出てきます。
乾燥しやすいところとして挙げられるのは、

  • 目の周り
  • 結膜
  • 口もと
  • 指の間、肉球
  • 足の付け根
  • 腹部
  • 肉球

皮膚が薄いところや被毛に覆われていない所です。肉球も乾燥するので滑り止めや衝撃を受けてくれるクッションとしての本来の役割を果たせるようにお手入れしてあげましょう。

乾燥肌から愛犬を守るには

病気でなければ、保湿クリームを塗ったり、フードやシャンプーの見直しで治ることもあります。

保湿ケア

天然成分のみで構成されているペット用化粧水の『AVANCE』は、肌を整え保湿し皮膚を保護してくれる効果があります。

室内を加湿

乾燥し過ぎていると人間同様、皮膚にがガサガサになってしまいます。

湿度60%が理想!!
60%を保つために、加湿器や洗濯物を部屋干しにするなど対策をしましょう。

シャンプーを変えてみる

シャンプーが肌に合っていないことが原因かもしれません。
保湿性の高いシャンプーを使ってみてはいかがでしょうか?
地肌に流し残りが無いようにしっかり洗い流すこと・よく乾かしてあげることでも改善されると思います。

試したけど改善されない時

菌や寄生虫からの感染が原因、食べ物や触れた物のアレルギー、アトピーかもしれません。

アトピー性皮膚炎とは

乾燥肌は、ミニチュアピンシャーやフレンチブルドッグなどの短毛種に多くみられます。乾燥肌もアトピー性皮膚炎も肌のバリア機能が弱まると起こるのでスキンケアをしっかりして、肌のコンディションを整えてあげましょう。

上記の場合は、飲み薬・ステロイド剤などの薬を使用して治さないと痒みから解放されません。早めに動物病院を受診してあげましょう!!

まとめ

冬場はウイルス感染を防ぐ為にも、加湿は人間にも必要なことです。

皮膚が薄いワンちゃん達は、私たちより乾燥対策やクリームなどで保湿ケアが大切な事がおわかりいただけたでしょうか?

痒みを我慢することはとてもつらいので、ようすを観察して早めに変化に気付いてあげましょう。