犬の目のトラブルただの目やにではない病気が潜んでいるかも!?

健康なワンちゃんでも、目やにが出るものですが、
「あれ?いつもより多いな?」と異変を感じたことありませんか?

目やにとは

目を保護している粘膜と、老廃物が混ざったものです。
朝起きた時、ホコリが目に入った時など、健康な状態でも目やには出るものです。

ですが、眼球に傷ができ炎症を起こしているとドロッとした状態黄色や緑色の目やにになります。内臓疾患が目やにの原因になっている事もあります。

目の病気になりやすい犬種

  • マルチーズ
  • トイプードル
  • シーズー
  • コリー
  • パグ
  • ペキニーズ
  • ジャーマンシェパード
  • ミニチュアシュナウザー
  • ゴールデンレトリバー
  • ボストンテリア     など

遺伝的、犬種の特徴(目の大きな鼻の短い犬種)に多いと言われています。

考えられる病気

病気が原因で目やにが出ることもあります。飼い主さんは色や量をみて判断してあげましょう。

角膜炎

ゴミが入ったり、逆さまつ毛などで角膜を傷つけ、炎症を起こしてしまう症状です。白く濁ったり、黄色い目やにがみられます

結膜炎

犬の目の病気の中で最もポピュラーなものです。
結膜とは、白目の表面を覆っている膜で、赤く腫れて、黄色や黄緑色の目やにが出てきます。

緑内障

眼圧が下がり、少し盛り上がったように見える病気です。
最悪の場合、失明する危険もあります。

片方の目だけが大きく見えたり、頭を触られることを頑なに嫌がります。

白内障

水晶体が白く濁って見え、視力の低下・失明につながります。

目やにのケア方法

目やにの原因は体内の老廃物とも関係しています。
通常はオシッコとして体外に排出しますが、出し切れなかった分は、目・鼻・口・耳から出します。

フードを替えてみる

穀物・合成保存料不使用のグレンフリーで無添加な『モグワン』がおすすめ。
余計な原料が入っていないので体に老廃物が溜まりにくく、さらにモグワンに含まれる栄養素が体内に吸収されやすいのです。

動物病院を受診

色は量を見ておかしいなと感じた時、更に愛犬が痛がっているようならば重症化する前に早めに動物病院へ連れて行きましょう。

擦り付けたり、掻いてしまうならエリザベスカーラーも使うといいでしょう。

自宅でできるケア

ティッシュやガーゼを濡らして優しく拭き取ってあげましょう。
取れないからと力を入れすぎてはダメです。
眼球や目の周りの皮膚に傷がつかないように注意してあげましょう。

まとめ

素人判断でこの位なら平気だろうと思わず、毎日スキンシップも兼ねて目の変化にも気付いてあげましょう。
命に関わる感染症が原因かもしれませんし、念には念を入れて獣医師さんに診てもらうことをオススメします。

ペット保険 資料請求