うちの愛犬は肥満?ぽっちゃり犬になってしまうのは飼い主に責任あり

飼い犬の半数以上が肥満と言われています。

おやつのあげすぎ、ケガが原因で運動量が減ってしまった、避妊・去勢手術の影響で太ってしまったなど原因は様々ですが、
肥満は、人間同様で万病の元です。

ペット保険 資料請求

犬の肥満の基準はどこから?

人間は、身長体重から計算して、BMI数値で標準体型なのか、肥満気味なのかを判断します。
犬の場合はBCS(ボディー・コンディション・スコア)で5段階に分かれていて、見た目と触った感じで判断します。

目で見てわかること

真上からワンちゃんの背中を見た時に、普通の体系なら、くびれの位置がしっかりわかるはずです。
腹部も吊り上がりが見られなくなると要注意です。

肋骨を触ってみる

肋骨が軽く触っただけでわかるか。飼い主さんにできる簡単な判断方法です。

BCS表

ボディコンディションスコア

 

この犬種は〇㎏~〇㎏が標準などと書かれていますが、あくまでも目安です。
個体差がありますから、掛かりつけの獣医師さんに適正体重を教えれもらい、ベスト体重を把握しておきましょう。

犬が肥満になる原因

食事の与えすぎ

人間の様についつい食べ過ぎてしまうことはありません。
飼い主が与えた分しか食べれませんので、量をコントロールしてあげれば標準体型でいれるはずです。

家族で飼っている場合は、それぞれに「おやつだよ~」「ご褒美だよ~」とあげている事が多く、余分なカロリー摂取に繋がっているのです。

運動不足

毎日食事をして、カロリーを摂取しているのだから、運動してカロリーを消費させなければ肥満体型になってしまいます。
慢性的な運動不足になると、カロリー消費できず脂肪としてどんどん蓄積していきます。
動くことが面倒になり、散歩へ行きたがらないという悪循環へもつながります。

避妊・去勢手術をしたこと

生殖に必要な活動がなくなること、ホルモンバランスが崩れる、基礎代謝が低下するのです。
ですが、食欲は増加するので肥満傾向になりがちです。

愛犬の肥満解消には飼い主が大きく関係する

飼い主のついつい甘やかしてしまう行動や意識を変えれば、ダイエットは成功します。
愛犬の肥満には、飼い主が大きく関係しています

ドッグフードの切り替え

1歳くらいから、犬は徐々に代謝が落ちていきます。
年齢に合わせたフード選びをしてください。

去勢や避妊をしたら30%減らすか、低カロリーの肥満対策ペットフードへの切り替えが必要といわれています。

与えるフードの量を徹底

  • おねだりされても愛犬の健康のために与えない。
  • 同居の家族が各自にあげたがるおやつを、肥満防止の為にあげちゃいけないことをわかってもらう。

おやつも少しから平気と思わず、3㎏の小型犬が0.5㎏増えたら15%体重が増えたことになるので、私たちの感覚で少量でも、犬にとっては全然少量でないのです。

家族の協力や食事の量を量ってあげることを意識しましょう。

適度な運動

簡単な方法として、家の中でポーンとボールを投げて拾ってくることの繰り返し遊びや、タオルお引っ張り合いなどで遊びながら体を動かせることです。

関節炎や心臓病などの心配がなければ、【毎日散歩】の時間を増やしたり、ドッグランに定期的に連れて行くなど、
短期間ではなく、無理させることなく少しずつ増やしていく事をおすすめします。

肥満からくる体の不調

 

足腰への負担

体重を支える足の関節や、椎間板にも負担をかけ、関節炎や椎間板ヘルニアになってしまいます。
歩き方がおかしくなったり、歩けなくなってしまうこともあります。

呼吸器・心臓への負担

脂肪が器官や気道を圧迫し、呼吸しずらくなります。
呼吸器の病気は、一気に悪化することもあるので要注意です。

また、体重が増えると血液を全身に送り出す働きをしている心臓への負担を大きくなります。

病気の併発

糖尿病や甲状腺機能の低下など命に関わる病気になることも。
人間同様、インスリン治療や輸液治療を行ったり、通院が必要になります。

もしも手術が必要になった時のリスク

麻酔の効きが悪くなり、量も増やさないとなので体への負担も増え、脂肪が邪魔して、通常より広範囲に切開しないといけないので、回復に時間がかかったりリスクも増加します。

最後に

肥満は様々な病気になるリスクを高めます。
可愛い愛犬に長生きして欲しいなら飼い主さんが甘やかしてご飯をあげすぎないように心掛け、体重管理をしてあげましょう。