フードボウル選びのポイントと素材別メリット

ワンちゃんを家族に迎えてから、毎日必要になるグッズの1つにフードボウルがあります。
素材も様々ですが、形状もたくさんあってそれぞれに使うのに向いている子・不向きな子があります。食事の際に毎日使う物なので、正しく選んであげることが必要です。

デザインや価格で決めていませんか?
愛犬が食べやすい形か、食事台の必要性について紹介したいと思います。

フードボウル素材別のメリット・デメリット

まずはそれぞれ素材別のメリットとデメリットを理解しましょう。

ステンレス製

メリットは、食事の都度洗えて衛生的です。かじっても壊れない耐久性があり長持ちしまう。

デメリットとして、粗悪なものは金属アレルギーの症状が出る心配がありますので気を付けてください。

ステンレス製の物を選ぶ飼い主さんが多いようですが、素材の舌触りやニオイが苦手で食べたがらないワンちゃんも稀にいるようです。

プラスチック製

落としても割れないし、値段が安いことは嬉しい点です。

ですが、傷がつきやすくそこから菌が増殖し、長く使っていると不衛生です。乱暴に扱ったら壊れてしまうので、破片の誤飲の心配があります。

陶器

ステンレス製と同じく洗えて清潔に保てます。レンジで温めてからあげることができるのも大きなメリットです。

割れてしまうことで、お出掛けの時に持って行く事がしずらいです。

フードボウルを選ぶポイント

ワンちゃんの体の特徴から、食べやすい体勢で食べられるかを重要視してあげてください。

深さ

ボウルの深さが浅すぎると、こぼしてしまい拾い食いの癖がついてしまう心配が出てきます。
逆に深すぎると、首を曲げこまないと食べられないので、首と足へ負担が大きくなります。

耳が垂れている犬種には耳が汚れてしまわないように、富士山型の口が小さくて下が広がっているタイプが好ましいです。

早食い癖のある子には、ガツガツ食べられない、丸呑みできないような中が凸凹している早食い防止の食器を選ぶといいでしょう。

食事台を使う必要性

首を大きく下げることで背中・前足・首への負担がかかります。

首を少し曲げた状態で食べられる事がベストなので、台を使って食べやすい高さを見つけて体への負担を軽減してあげましょう。

低すぎると、ドッグフードを喉に詰まらせ、むせたりしてしまいます。
犬の食道は横向きなので、逆流してくる可能性があります。

食事台のメリット

オシャレな食事台がたくさんあるペット用品サイト

現役デザイナーの選ぶペットグッズのセレクトショップ。
フリーステッチオリジナル商品や、セレクトした
大人気商品をたくさん取り揃えました!

  • 高さ調節ができる
  • 傾斜角度が調整ができる
  • フードボウルと水入れを並べて置ける
  • 安定性がある

フードボウルだけでは不便な点を、食事台を使って補いましょう。

まとめ

食事は健康に長生きする為に気を付けないといけないことです。
そのためにフードボウル選びも大切なのです。

愛犬の癖や特徴を配慮して、食べやすい姿勢で食事できるボウルを選んであげましょう。