首輪とハーネスどっちがいいの?向き不向きと選び方

首輪とハーネスの違いについて考えてみました。

首輪とハーネスの役割として共通して言えるのが、危険から守ってあげることができることです。

成長や目的に合わせて使い分けることをおすすめします。

首輪とは

愛犬を外に連れ出す時の一般的なものです。
色々な種類が売られていますし、日常生活でも付けたままでも問題ないですが、着脱が簡単なので落ち着きのない子・しつけている最中の子には向いています。

首輪の選び方

ゆるすぎると、首抜いてしまいます。
きつすぎても呼吸に支障が出てしまいます。

購入前に首周りと頭周りを測り、首と首輪の間に指2本分の余裕があるのがいいと言われています。

首輪のメリット

首輪はしつけには向ています。
吠え続けている時に「ダメ!」と言ったり、飼い主を引っ張って行ってしまう時に「待て!」という指示が伝わりやすいです。

デメリットとして、力が一点に集中してしまう為、首や気管支への負担がかかってしまうことが挙げられます。

ハーネスとは

元々は馬の道具でしたが、荷物を牽引するために開発され、重量物を引っ張っても犬のカラダに負担がかかりづらい構造です。

首輪のメリットとしてしつけに向いていると書きましたが、
逆にハーネスは犬の行動をコントロールするのに適していません。

ハーネスをおすすめるワンちゃん

  • 呼吸器系が弱い短頭種(ブルドッグやパグなど)
  • スリムな体型
  • 引張り癖が無い

ハーネスの選び方

オシャレで可愛いものを付けさせてあげたい。
もちろんデザインも重要ですが、愛犬にちゃんと合ったサイズ・安全性を重視して決めてあげましょう。

8の字ハーネス

名前の通り2つの輪があり、8の字のようになっています。
両方にバックルがついているので、1つは首に通し、もう1つの方を胴体に。
足を持ち上げずに簡単に装着できるのがメリットです。

H型ハーネス

8の字型同様、首と胴体に付けますが2つの輪に背中側とお腹側にベルトが付いている構造です。
しっかりホールドされるので首への負担が減らせるので、小型犬におすすめです。
前足を通す必要があるので、足を触られるのが苦手なワンちゃんは毎日のお散歩前のストレスになってしまうかもしれません。

ベスト型ハーネス

ファッション性が高いのでオシャレをさせたい飼い主さんは好んで選んでいる傾向があります。
力が分散されるので体への負担が減らせる、防寒対策になるメリットがあります。

まとめ

皮膚が弱い子には通気性のいいメッシュのものだったり、夜散歩に行く家庭では反射板の付いたものにするなど最適なものを選んであげましょう。

首輪やハーネスを最初は嫌がるかもしれません。
おやつをうまく使って気をそらせたり、間違った装着方法をすると足への負担が増えたり、擦れて毛玉や皮膚を傷つけてしまうことがあるので、注意してあげましょう。

首輪もハーネスも長く使っていると劣化します。
万が一の事故を防ぐためにも定期的なチェックもお忘れなく!!