犬のお尻歩きやお尻を床に擦る時は肛門絞りしてあげましょう

肛門絞りとは…肛門腺にたまった分泌液を人の手で絞り出してあげることです。 
これをしてあげる事によって、お尻のにおいの原因を取り除いてあげることができます。

肛門腺とは

肛門付近にある腺で、犬が野生で生活してい頃、強い臭いの分泌物を出し外敵から身を守ったり、テリトリーを示す役割をしていました。
スカンクが出すのは、この分泌液と同じです。

今は、室内で飼われることが多く飼い主さんに守られえているため必要がなくなってきました。
通常はうんちする際に、自力で分泌物を排泄できますが、小型犬・高齢犬・肥満体のワンちゃんは肛門括約筋の筋力が弱く自力で排出できない子が多いようです。

肛門絞りできてないと

分泌液が肛門嚢に溜まり、細菌の繁殖で炎症を起こして「肛門嚢炎(こうもんのうえん)」などの病気になってしまうことがあります。 

肛門嚢炎になると肛門付近が赤く腫れたり、排便する時に痛がったり、お尻を舐めたりします。お尻を擦り歩きしたりもします。分泌液が溜まりすぎると肛門嚢が破裂することもありますので、肛門腺絞りが必要です。 

肛門絞りのやり方

肛門の左右に各1つずつあります。

%e8%82%9b%e9%96%80%e8%85%ba%e3%81%ae%e7%b5%9e%e3%82%8a%e6%96%b93%e3%80%80%e7%b8%ae%e5%b0%8f%e7%89%88

引用:アニマル動物病院

肛門を時計の中心にして、「4時」と「8時」の位置を、親指と人差し指を使って、下から押し上げる感じで肛門に向かって絞り上げます。

頻度

コツを掴めば飼い主さんにでもできます。
勢いよく飛び散ることもあるので、2週間~最低でも1ヶ月に1度くらいのペースでシャンプーの前にお風呂場でやることをおすすめします。

 

注意点

コツを掴めば簡単と言いましたが、すぐに溜まってしまう子、自分で出せる子、プロでも手こずる子など個体差があります。

      1. 強く絞り上げると赤くなってしまったり嫌がり触らせてくれなくなりますから無理せずやってあげましょう。

         

      2. 飛び散るとにおいがきつく、服に付くとなかなか落ちません。
        飛び散らないようにティッシュで覆って絞りましょう。不衛生ですので、目に入ると最悪失明すると言われています。

分泌物の色や量を確認

茶色や灰色なら問題ありません。
ドロッとしていたり、サラサラだったり、勢いよく出たり、にゅるにゅる出たり様々です。

赤や緑色だと、炎症を起こしているかもしれないので受診した方がいいでしょう。

まとめ

肛門絞りのことを知らない飼い主さんもいると思います。
ケアをしてあげないで溜まり続けてしまうと、肛門嚢炎や破裂してしまい痛い思いをさせてしまいます。

おすわりの体勢でお尻をこすりつけて歩いたら、分泌液が溜まっているんだなというワンちゃんからのサインです。

飼い主さんができるようコツをまとめましたが、不安な方は、トリミングサロンや動物病院で定期的なケアをしてもらいましょう。