愛犬の元気がない…考えられる病気~関節炎~

どんな犬種でも起こり得る関節炎。
ワンちゃんたちは野生の本能で弱みを見せない為に、痛みを隠そうとします
成犬の5頭に1頭は、関節炎になっていると言われています。

なので飼い主さんは、いつもと違う愛犬の仕草を見逃さず発見してあげましょう。
少しでも、痛みから解放させてあげられるように☆彡

愛犬の動きがおかしかったら関節炎を疑おう

私たちも膝が痛いと感じる時は、立ち上がるのが億劫になったり、痛い方の足をかばうように変な歩き方いなったりします。
それと同じで、ワンちゃんも動きがいつもと違ってくるはずです。

  • 歩く時、足を引きずる
  • 以前ならよく動く状況なのにじっとしていることがある
  • 階段を目の前にすると登りたがらない
  • ソファーなどに飛び乗らない、ジャンプしなくなった
  • 散歩に行きたがらない
  • 食欲・元気がない

などの症状がみられる時は関節に痛みがあるのではと考えてあげましょう。

関節炎の原因は?

先天性の異常

股関節形成不全・肘関節形成不全があげられ、大型犬に多いです。

加齢や肥満

年を取るにつれて軟骨はすり減っていきます。
体重が重ければ、関節にかかる負担も大きく関節が炎症おこしてしまいます。

外傷からなる関節炎

脱臼や靭帯断裂などケガからくる場合と、
ウィルスや細菌が血液から関節へと侵入して起こるウイルス性関節症、手術後の感染症から痛みに繋がることもあります。

感染性関節炎は、血液の流れによって病原体が全身に運ばれている可能性が高まりますので、早い対処が必要です。

代表的な関節炎となりやすい犬種

変形性関節症

骨盤と大腿骨(だいたいこつ)をつなぐ股関節が緩んでいると軟骨同士がぶつかって関節炎を起こしてしまいます。
大型犬に多く遺伝的な問題とも言われています。

  • ラブラドール・レトリーバー
  • ゴールデン・レトリーバー
  • バーニーズ・マウンテン・ドッグ

膝蓋骨脱臼(パテラ)

太ももの骨の溝が浅かったり、膝蓋骨を支える靭帯が弱かったりすると、膝のお皿が外れてしまいます。
小型犬はちょっとした高さに飛び乗ったり、飛び降りたりすることも膝に負担がかかりますので控えた方がいいでしょう。

  • ポメラニアン
  • チワワ
  • プードル
  • マルチーズ

椎間板ヘルニア

代表的な椎間板ヘルニアになりやすいのはダックスフント
脊椎の中の椎間板が正常な位置からはみ出してしまうことで、神経障害を起こす病気です。
ひどくなると麻痺して痛みを痛みを感じなくなり、排泄障害の症状が出てきます。
胴長の犬種に多いです。

  • ダックスフント
  • フレンチブルドッグ
  • コーギー
  • ビーグル
  • ペキニーズ

[btn]無添加・国産の犬用関節サプリ【毎日散歩】[/btn]

自分でできるケア方法

何気ない戯れの時間で関節を痛めてしまわないよう、自宅で簡単にできることはやってあげましょう。

モグワンにはかなり贅沢にグルコサミン・コンドロイチンが配合されているとのことですので予防になるかと思います。

フロア改善

関節を痛めてしまう原因に、フローリングで滑ってしまう事もあります。
コルクマットを敷いてあげる事や、段差を減らすあるいは、階段などに行かせない為のゲートを設置するなどの予防対策ができます。

適度な運動 ダイエット

筋肉が衰えてしまえば関節はますます不安定になり、炎症を悪化させてしまいます。
痛がっているからとじっとさせ過ぎもよくないので、軽い散歩に連れ出してみましょう。

また、太り気味のワンちゃんは関節への負担を少なくするためも適度な運動を心掛けましょう。

サプリメント

よくCMで「軟骨成分配合」コンドロイチンやグルコサミンなど、よく耳にしませんか?
私たちも関節や筋肉の疲労回復・強化をサプリメントで補おうとしています。

ワンちゃんもサプリでケアしてあげましょう!!

まとめ

犬の関節炎は人間の場合と同じく、一度発症してしまうと完治が難しく、慢性的な痛みが続きます。
サプリメントや薬で改善できるかもしれませんが、手術が必要になる事もあります。

健康管理のためにも太らせない。
毎日スキンシップをしながら愛犬の変化に気付いてあげられたら、愛犬の負担を減らしてあげられることができるでしょう。