ペット用品の洗濯の仕方と便利グッズ リモサボン・ランドリースポンジ

ペット用品を洗濯するのに、皆さんどうされていますか?
布製のおもちゃや、ワンちゃん専用ブランケットなどは、汚れやニオイで思っている以上に不衛生な状態です。

毎日清潔な環境で生活させてあげたいものです。

人間の洗濯と一緒?別のがいい?

分けて洗っている。中には洗濯機も別にしている飼い主さんもいるようですが、考え方は人それぞれです。

ですが、人間が持っていない菌や寄生虫だったり、抜け毛やニオイが気になります。そんなことを考えると、極力分けた方がいいのかなと思います。


ペット用品のみならず、抱っこすれば服に抜け毛がつきます。
離毛コーティングと付着防止コーティングで悩み解消してくれる洗剤です。
※試してみて満足できなかったら全額返金制度あり。

人間用の洗剤ではペットの汚れは落とせない!

犬の皮脂はワックスエステルと呼ばれ、犬用洗剤でないと落とすことができません。
また、この皮脂に菌が繁殖することで独特のニオイが発生してしまいます。そのため、専用洗剤でしっかりと洗ってあげることが、汚れやニオイ対策になるのです。

おすすめ洗濯方法

洗濯機にそのまま入れるのではなく、一手間加えるといいでしょう。
その一手間で、よりキレイに洗濯することができます。

①洗濯機に入れる前に毛を取り除く

粘着シートで抜け毛を取り除きましょう。

毛が他の洗濯物に付いたり排水管が詰まるトラブルも防げます。


ランドリースポンジも一緒に投入すれば取り切れなかった抜け毛をキャッチしてくれます。

②洗濯機に詰め込みすぎない

自分の洗濯もしているからわかっているかとは思いますが、詰め込みすぎると汚れを落とす機能が低下します。洗濯槽の容量の6~7割を目安にしましょう。


③汚れがひどい時は漂白剤を使用

うんちやおしっこの汚れが染みついている時は、漂白剤に数十分付けてから洗濯機に入れましょう。
汚れがキレイに落ちる他、除菌効果もあります。


④すぐに乾かす・乾きやすくする工夫をする

湿った状態は菌が増殖してニオイの原因になります。
洗濯後は、すぐに日当たり、風通しの良い場所に干したり早く乾くように工夫をしましょう。

⑤くず取りフィルターも掃除

洗濯が終わったら、フィルターに付いたペットの毛を取り除きます。
そのまま放置すると洗濯機の故障の原因になるので忘れずに!

コインランドリーを使うマナー

最近はペット用品専用のコインランドリーも見かけることがありますが、まだ店舗数は少ないと思います。
一般的なコインランドリーを利用する時に注意してもらいたいのは、衛生上の問題から『ペット用品の洗濯・乾燥禁止』と書かれていないか確認してください。

ショックだったのが、汚れたまま放り込んでいる人がいるって事を聞いたことでした…

動物の毛がアレルギーの人もいますし、毛が付くことが嫌な人もいます。
マナーはしっかり守れる飼い主になりたいですね。

まとめ

神経質になりすぎるのも疲れてしまうのでよくないですが、ニオイや汚れ、細菌のことも考えたら、人間の物のペットの物は分けて洗濯することをオススメします。

また、コインランドリーを使うことも必要な時があると思いますが、
その時は、1度汚れを手洗いで落とすなど、次使う人のことも考えマナーある行動をしてください。