媚びないから飼いやすいペキニーズ

ペキニーズは、中国で生まれた犬種です。
皇帝と皇族が宮廷内のみでしか飼育してはいけなかったので、神聖なものとして扱われました。

祖先犬はチベタン・スパニエルとされ、中国の歴代王朝の宮廷で門外不出とされ、愛玩犬として飼育・改良されていた。しかし、実際には規定外の色や姿などの仔犬は、市場で売られ庶民の間でも飼われていた様である。因みに清朝後期にこのペキニーズとラサ・アプソの交配により出来たのが、所謂シーズーであると言われている。 皇帝の葬儀の際、柩を墓に導くのは寵愛を受けたペキニーズの仕事であり、1911年の西太后の葬儀では「モータン」と言う名のペキニーズが柩を先導したことが知られている。 阿片戦争の時、紫禁城内にてイギリス軍が5匹のペキニーズを発見し、イギリスに連れ帰った。この内の1匹は、ヴィクトリア女王に献上され、ルーティ(Looty)と名付けられて、1872年に死ぬまでの10年間をウィンザー城で過ごしている。イギリスでもしばらくは宮廷や貴族だけに飼育されていたが、1893年にショーへ出陳され短吻種ブームを作った。最近の研究で、シーズーやパグの祖先であることが分かってきている。

フリフリしながら歩く姿や鼻ぺちゃな顔がとてもかわいい♡
ペキニーズの特徴を見てみましょう。

ペキニーズの見た目

がっしりした前足と細めの後ろ足、耳や尻尾、胸、指、脚の後ろにも長い飾り毛があるのが特徴です。
ペキニーズの平均体高は15~23cm、平均体重は3~6kgとされています。

顔の周りにも長い髪が生えているので獅子(ライオン)に似ていると言われていますが、パグやブルドッグと同じで、鼻がぺちゃんこの短頭種なので愛嬌ある顔をしています。

スタンダードの定義として、「前足が曲がっていること」とあります。
前足が短く、前足を回しながら体を左右に動かしながら歩くローリング歩様で歩き方が独特です。

ペキニーズの飼育の注意点

ペキニーズを飼いたいとお考えの人・どう飼ったらいいのか知りたい人の参考になればと思います。

暑さに弱い犬種

鼻ぺちゃの短頭種なので、呼吸器系が弱いです。
ボリューミーな被毛のせいもあって体温調節がしにくいことから、厚いのが苦手で熱中症になりやすので夏場はエアコンは必須です。

夏場の暑い時期の散歩は控えた方がいいでしょう。

被毛の量が多い

ダブルコートなのでトリミングは必要ありませんが、ブラッシングを怠ると、アンダーコートが絡まってしまうので、ブラッシングは毎日の日課にしましょう。

換毛期以外でも抜け毛は通年多いと考えてください。

運動不足からの肥満

運動は好きなタイプではないので、マンションでも飼いやすく毎日10分程度の散歩で満足してくれます。
運動不足からなる肥満にならないように、適度な運動、フードやおやつの量には気を付けてあげましょう。

ペキニーズに多い病気

遺伝的疾患は少ないようですが、体の構造上かかりやすい病気もあります。
原因や症状を紹介します。

椎間板ヘルニア

ペキニーズのみならず、足の短いダックスフントなどにも多いと言われていますが、少しの段差に飛び乗ったり、飛び降りたりしただけでも負担になります。ひどくなると、骨と骨の間の骨髄(神経)を圧迫してしまい手足の麻痺や排泄困難になってしまいます。

短頭種気道症候群

鼻の奥が狭くなったり、上あごの肉が垂れ下がってしまったりして呼吸がうまくできなくなってしまうことです。
短頭種に多く、顔や首の作りが原因で激しいパンティングになってしまいます。

チェリーアイ

鼻が短く目が大きいので目に障害物がぶつかってしまうのです。
第三の瞼と言われる、目頭にある舜膜が赤く腫れ上がってしまう病気です。

まとめ

首を傾げる仕草をよくするのでキュンとする飼い主さんが多く、その反面頑固な面や気まぐれなところは猫に近いと言われていて、飼い主にベッタリではではないけれど、「遊んでよ~」とじゃれてくることもあり、程よい距離感を保ってくれます。

宮廷で育った歴史を持っているペキニーズ!
魅力たっぷりな可愛いペキニーズの紹介でした。