『空ショット』インスタで動物虐待ではないか?と問題になっている

朝のニュース番組でも取り上げられていましたが、
これは動物虐待ではないか?と問題になっています。

今は、動物虐待だ!と2万件以上あった投稿写真はほとんど削除されているようです。

スッキリで取り上げられていた  空ショットとは

空ショット

青空を背景にして、愛犬を高い高い~と放り投げて、自分の手から離れた写真のことです。
韓国のインスタグラマーの間で流行しました。

#空ショット
#高い高い
#フライング〇〇
のハッシュタグが付けられています。

動物虐待だと非難が殺到

  • ワンちゃん怖がっている。
  • もしキャッチに失敗したらどうするの?
  • ペットはものじゃない。
  • これは動物虐待だ。

など批判の声が上がっています。

それに対して投稿したユーザーからの反論

  • うちの子はこの遊びが好きなの。
  • いいね!欲しさにやってるわけではない。

との反論があるようですが、本当にワンちゃんたちは喜んでいるんでしょうか?
飼い主さんには楽しんでる顔に見えても、犬からしたら恐怖しかないように思うのですが…

犬にとって高い高~いは恐怖な行為

高い高~いって、子供の時された覚えがあります。
毒親と言われる行為かもしれませんが、私も放り投げるまではいきませんが、腕を高く上げて高い高~いを子供が小さい時したことがあります。

ケラケラ笑う顔も見ましたが、
「ゔぅ..」って声が出たり、真顔になる瞬間もあった記憶が…

前足の付け根をギュッと持たれ、痛みも感じますし、地面からに距離が遠ざかるため恐怖を感じています。

いい写真が撮れるまで何回か繰り返し撮影したんじゃないかとも考えられます。

小型犬の骨折のリスク

小型犬は人間の膝の高さから飛び降りただけでも、骨折する可能性はあります。
それが、頭の高さ以上からもし落っこちてしまったら、打ちどころが悪ければ歩行障害になってしまったり死んでしまいます。

愛犬家ならこのくらいのリスクはわかっているはずなんですけどね。

空ショットについてのまとめ

可愛い愛犬を色んな人に見てもらいたい。
かわいい♡と言ってもらって悪い気はしませんからね。

ですが、ペットにとってすごく危険です。
空中でバランス崩して抱き留められなかったら落としてしまいます。

トラウマから飼い主さんに抱かれる事が恐怖に感じてしまうかもしれません。
どの写真も戸惑っている・怯えている顔に見えます。

違う方法で、インスタ映えするワンちゃんの可愛い写真を撮ってあげましょう。