愛犬も海外赴任先に連れて行きたい・海外旅行したい人へ手続きの説明

仕事で海外へ行く事になったが、愛犬と離れたくない。一緒に連れて行きたい。
また、ハワイでフォトウエディングや2人だけで挙式を挙げてくるのも流行ってますし、
新婚旅行や家族旅行など、大切な人との思い出に海外へ行かれる方が多いと思います。

家族の一員でもあるワンちゃんとも海外旅行に行ってみたいと思いませんか?

愛犬も海外旅行できる

自分は旅行先で楽しんで来るのに、可愛い♡可愛い♡愛犬は、知らない人やワンちゃんばかりのペットホテルに預けて行くのは可哀想…
そう思う飼い主さんもいるでしょう。

だったら、思い切ってワンちゃんも連れて海外旅行に行ってみてはいかがですか?
しかし、日本では狂犬病の発症は防げていますが、狂犬病は人も死に至る病気です。
この狂犬病の感染を防ぐためにも色々な手続きが必要になっているのです。

ワンちゃんの出国準備



人間は、パスポートと飛行機のチケットがあれば行ってきまーす!!とできますが、
犬の場合は、出国ではなく輸出の手続きが必要です。
余裕をもって数か月先からの準備が必要になります。

マイクロチップの挿入

(ISO規格の11784及び11785)
装着証明書は、装着した獣医さんにお願いして作成してもらいましょう。

狂犬病予防接種

生後91日以降に狂犬病予防接種が義務付けられています。
通常年に1回でいいのですが、2回以上の接種が必要です。
2回目は、1回目を受けてから30日以降1年以内に打たなくてはいけません。

狂犬病に対する抗体価の確認

2回目の狂犬病予防接種を受けたらちゃんと免疫が付いたかを採血して検査をします。
(血清1mlにあたり0.5IU以上であること)

動物検疫所に連絡

出国(輸出)前には、動物検疫所で狂犬病の検査が必要です。
空港で検査はできますが、7日前まで連絡し、『輸出検査申請書』も提出します。

『届出書』帰国予定日の40日前までに到着予定空港の動物検疫所への届出
が法律で決まっています。
旅行先の国によって、必要書類や日数が異なりますので確認も忘れずに!!

航空券の手配

欧米系の航空会社を利用すれば小型犬は座席に一緒に連れて行けることもありますが、機内の動物を持ち込むことを禁止している航空会社も少なくありません。
空調や気圧の整った貨物室での移動となる事が多く、しっかりしたゲージの中に入れ、体がはみ出さないこと、何より健康状態が良くないと搭乗できません。


搭乗できない可能性

  • 健康状態が良くない
  • 生後間もなすぎる
  • 先着順でケージが積めない

など様々な条件があるので各航空会社に事前連絡・確認が必要です。

また短頭種のパグやシーズなどは暑さに弱く呼吸困難も起こすリスクがあるので、夏場は断られることもあります。

旅行先の国へいよいよ入国

日本にいるうちに、相手国大使館に入国する際の条件や、手続き方法を確かめておきましょう。
ここで動物検疫を受けます。

ヨーロッパやアメリカなどの先進国では犬と共に行動することが普通の考えになっていますが、
後進国ではまだそのような考え方はありません。

旅行先で楽しい思い出を作ってください♪

出国手続き

楽しい旅行も終わり、さあ帰ろう。

現地の獣医に行って簡単な健康チェックをし、狂犬病などの病気にかかっていないか検査します。
日本へ帰国するための書類に必要なことを書いてもらいサインを貰いましょう。

日本に帰国

ただいま~
検査書類に不備があると日本帰国後に最長180日間の係留検査が必要になります。
必要書類をしっかり準備して提出しましょう。

こんな流れの手続きが必要です。

まとめ

日本は数少ない狂犬病が発生していない国の一つです。
私たちや愛犬たちを病気から守るための厳しい検疫なので、それに時間を取られてしまうのは仕方のないこと。

ペットブームより家族同様のワンちゃんと一緒に旅行する人も増えています。
また、ペットにとっては、ゲージに入れられ長時間のフライトはストレスになります。
日頃からゲージに慣れさせる練習をしたり、どうしても心配の場合は獣医師に相談し、安定剤を処方してもらうなどのワンちゃんへのケアをしっかりしてあげることを考えてあげましょう。