犬が吐く事は珍しいことではない!?危険な場合と様子見で平気な見極め方

犬が吐いてしまったら、飼い主さんとしては、慌ててしまうかもしれませんが、吐くことはよくあります。
問題ない嘔吐の仕方なのか、病気のサインなのかを見極められる知識を付けて、慌てずに、対処できるようになりましょう。

吐いても様子見でも平気な場合

原因がはっきりわかる場合は、慌てて病院へは行かずに様子を見ましょう。

車に乗せた時

緊張や不安から嘔吐してしまったり、車が苦手はワンちゃんは、車酔いして吐いてしまいます。
なにか防水シートなど敷いていれば、簡単に洗うことができますが、汚れてしまったら大変です。

対処法

ワンちゃんの為にも、車に乗せる直前の食事を控える事、こまめに休憩をとって休む事が改善策です。

空腹時

朝、泡や黄色液体を吐くのは空腹からの嘔吐です。
胃液と混ざって逆流した為です。

対処法

1回の食事量を減らして食事の間隔を開けすぎないように回数を増やしてあげたり朝ご飯の時間を早めてあげたりしましょう。

フードをガッついて食べた時

食べ過ぎや、急いで食べると噛まずに飲み込んでしまう為、胃が対処しきれず吐いてしまうことがあります。
吐いてもケロっとしている事が多く、それほど心配することはありません。

草を食べた時

胃の中をキレイにするために、わざと草を食べて吐くこともあります。
しかし、除草剤が撒いてある、犬猫のオシッコやうんちで汚れていることも考えられる為、その辺の雑草を食べさせることは、あまりいい事ではないと思います。

対処法

体内に溜まった悪い物を排出するためにしていることなので、犬にとって草を食べることは自然現象です。

  • ペットグラス(犬猫用の草)を育てる
  • 無添加のドッグフードに変えてみる


すぐに病院へ行った方がいいと思われる場合

  • 元気がない
  • 何回も繰り返し吐く
  • 熱がある
  • 下痢をしている
  • 血が混じっている

など重大な病気が隠れていることも考えられます。
こんな時は迷わず病院へ連れて行ってあげましょう。考えられる病気は次のようなものです。

何回も吐いてしまう

ウイルスや寄生虫の感染すると、胃腸に強い炎症が起きます。
タバコや農薬の中毒性のあるものを食べてしまった、おもちゃなどの誤飲の疑いがあります。

嘔吐物に血が混じっている

吐いたものに血が混ざっていると、「急性胃炎」「胃潰瘍」「腸閉塞」など胃腸の病気が考えられます。

潰瘍や腫瘍があると、血の色や赤ではなく茶色や黒色になっています。
出血から時間が経っていて重症化している事が考えられますので、要注意です。

嘔吐物から便のニオイがする

腸閉塞の可能性が高いです。
小腸まで行ったものが、逆流してしまっています。

吐いた後の水やエサの与え方

12時間の絶水・24時間の絶食が基本です。
様子を見ながら、水分から少しずつ回数を増やしていき、1週間くらいかけて元の食事量に戻していきましょう。

まとめ

吐いてしまうという事は、何か異常があってのことなので、不安になってしまうのはとてもわかります。

とりあえず様子を見たのでいいか?
緊急を要するのか?
見極めて対処してあげましょう。

病院に連れて行く場合は、

  • 吐いた回数
  • いつ吐いたのか
  • 吐いたものの色   など

病気の手がかりになる事は、しっかり伝えましょう
可能であれば、トイレシートやビニール袋に入れて持参できればいいのですが、写メを撮って診てもらうのもオススメです。

愛犬の変化に気付いてあげられるのは、飼い主さんだけです。
普段から、ちょっとした変化に気付いてあげられるよう、観察してあげましょう。