犬に水道水を飲ませたのでいいのか?水と病気の関係性

私が子供の頃は、ウォーターサーバーなんてありませんでした。

ですが、今は家庭にも置けるコンパクトなウォーターサーバーが増えてきていますし、コンビニでもミネラルウォーターを買って飲む時代です。
水道水を飲んでいる人が減っているのではないでしょうか?

愛犬に飲ませる水は、水道水でいいのか、浄水器を通した方がいいのか、ミネラルウォーターがいいのか、悩んだりしませんか?

ワンちゃんの1日に必要な摂取水分量

犬の体の約70%は水分でできていると言います。
取りすぎは悪いことではないので、いつでも飲める時に飲める環境を作ってあげましょう。

1日に必要な水分量は目安として、体重1kgに対して50ml程度と考えられています。

ドッグフードによっても変わってきます。
ウエットフードを食べさせている時よりも、ドライフードを食べさせた時の方が多く水を飲ませる必要がありますし、
暑い日やたくさん運動した後は、目安より多くなっても問題ありません。

愛犬に飲ませるのに適している水は?

結論から言いますと、硬度の高い水はカルシウムやマグネシウムが多く含まれていることから尿結石・膀胱結石などの腎疾患を起こす恐れがあります。

ワンちゃんに適した水は軟水です。
日本の水道水を飲ませたのでなんの問題もないのです!!

水道水

日本の水道水は、厳しい審査基準をクリアしています。
人間も安心して飲めるものなので、犬に与えても問題ないです。

消毒のニオイがきになるのであれば、一度沸騰させたり浄水器を通すなどして、カルキ抜きをしておくだけで十分です。


ミネラルウォーター

ミネラルウォーターはワンちゃんには良くない。とよく聞きますが、一概に悪いとは言い切れません。
ミネラルウォーターは硬水と軟水に分かれます。

硬度は、水分に含まれるカルシウムとマグネシウムの含有量によって下記のように区別されます。

  • 軟水0~60ml未満
  • 中硬水60~120ml以下
  • 硬水120ml以上

硬水

硬度が120mg/L以上の水です。ヨーロッパなどの大陸の水は硬水と言われています。
ペットボトルで販売されている天然水などの中には、硬水のものがあります。

カルシウム濃度の高い硬水はNG

カルシウム・マグネシウムの摂り過ぎは、結石のリスクを高めます
硬水にミネラルウォーターは避けましょう。

軟水

日本の水道水も軟水。
一部のミネラルウォーターがこの中に含まれます。

犬の水分補給量と病気の関係

夏の暑い日や、走り回った後などは、脱水状態になるのを防ぐためだったり、
内服薬の影響で増えることもありますが、遊び回ったわけではないのに、水をがぶ飲みしている。
そんな時は、病気の初期症状かもしれません。考えられる病気の一例をあげてみます。

慢性腎臓病

腎臓は血液中の老廃物を回収して、尿として体外へ排出する働きをしています。
健康な腎臓であれば、老廃物として排出するものと、必要な水分を体内に残します。

この機能が低下してしまうと、多くの水がオシッコとして出されてしまうので、たくさん飲むようになるのです。

糖尿病

水分が糖分に持っていかれオシッコの回数が増えます。
体内は脱水状態になってしまうため、多飲になるのです。
肥満気味なワンちゃんは、要注意です。

やってはいけない事
飲み過ぎだからと言って与える水の量を制限してはいけません。
犬の身体が水を欲しがっているのに与えないと、脱水症状を引き起こし、症状を悪化させる恐れがあります。

まとめ

お出掛けの時は、水道水をペット用ボトルに入れて持ち歩いたり、成分表を確認して軟水を選んで購入してあげるようにしましょう。
万が一の災害の時に備えて、ペット用のお水の常備もしておくといいかもしれませんね。

また、飲水量を把握してあげないと病気のサインを見逃してしまうかもしれません。
腎不全や糖尿病は、命に関わるので、よく水飲むな~いつもと様子がおかしいなと思ったら、早めに受診させてあげましょう。