SNS拡散希望!『イエロードッグプロジェクト』犬を守るためのイエローリボン

首輪やリードに黄色いリボンを付けているワンちゃんには理由があるのです。

イエロードッグプロジェクト』ご存知でしょうか?
黄色いリボンを付けているワンちゃん達がいたら、「近寄らにでね。そっとしておいてね。」

という意味があり、他の犬や周りの刺激に敏感な反応をしてしまう犬に、黄色いリボンをつけて目印にしていたオーストラリアのドッグクラブからヒントを得て2016年6月にスウェーデンで発祥した運動です。

どんな理由でイエローリボンを付けているのか?

ケガや病気のリハビリ中

高齢のワンちゃん、ケガや手術後など愛犬のペースで散歩させたいと飼い主さんは思っています。
寄ってきてしまったワンちゃんとの接触により、悪化を防ぐ目的もあります。

他の犬に過敏に反応してしまう

好奇心旺盛で犬にでも人間にでも飛び掛かってしまう。
過去のトラウマから人間に対しての吠え続ける、噛み付いてしまう。
など触れられえることによってストレスを感じて危害を与えてしまう可能性もあるからです。

人のために働く為の訓練中

盲導犬やセラーピードッグになるためにの訓練中に近寄ってしまうと、気が散ってしまい集中を保てなくなってしまいます
迷惑になってしまう行動なので、やめましょう。

などの理由があるのです。

保護犬に付けてあげるといい

人間に捨てられた保護犬たちは、心なり体に傷を負っている子が多いです。
しつけがされていなかったり、人間不信になり威嚇してきたり、噛み付いてしまったり。
そんな状態から信頼をしてもらえるようになるまでに時間がかかります。

新しい飼い主さんが社会性や信頼関係を身に付けさせようと頑張っても、散歩中、知らない人に見られているだけでもストレスを感じパニックになってしまいます。

黄色いリボンやバンダナを付け、意味があることを多くの飼い主さんに知ってもらうきっかけにしましょう。

出会った時に取ってあげるべき行動

  • 道をあけてあげる
  • 犬に近付かない
  • 触ったり、抱っこしたりしない

黄色いリボンを付けている子を見かけたら、サッと上記のような行動が出来たらワンちゃんと飼い主さんは喜びます。

日本での認知度はまだ低い

SNSで広がりは、見えていますが残念なことに日本ではまだまだ知っている人は少ないです。
私もその1人で、気にしてすれ違ったことがないからなのか、見かけたことすらない気がします。
単に黄色いリボンをオシャレで付けているのではありません。

まとめ

イエロードッグプロジェクトだからというより、犬が好きだからとしつこく撫でたり、相手の犬が嫌がっているのに自分の犬を近づけたりするのはマナー違反です。

黄色いリボンやバンダナを付けている犬は、何らかの理由があって人や他のワンコとのふれあいを避けているサインなんだ。

という事をわかってくれている人が1人でも増えてくれることを願っています。